業務用格安シングル煙突について

他社にて二重煙突をお見積りされたお客様へ

軽井沢暖炉で、シングル煙突で再見積りしてみませんか。

シングル煙突は二重煙突に比べてとてもリーズナブルです。

また、室内をシングル煙突の輻射熱で暖めることができるので、断熱効果のある二重煙突よりも暖かいという特徴もあります。

軽井沢暖炉には、他社ではできない独自技術としてシングル煙突に関するノウハウを持っております。

比べるだけでもよいので、一度、見積りを依頼していただけると幸いです。

軽井沢暖炉がシングル煙突をおすすめする理由

弊社で取扱いの「シングルエース」「オールシングル」などの業務用格安煙突は、壁出し式のシングル煙突(シングルエースは家と接する部分にメガネ石を挟んだ上でそこを二重煙突としております)ではありますが、各種改善により良いところが沢山あります。

また、「屋根出し煙突の室内箇所のシングル煙突の使用(家と接する部分は二重煙突を採用)」についても二重煙突では熱を遮断してしまうため期待できない、煙突からの輻射熱があり、家全体が暖まるというメリットがあります。

つまり、薪ストーブと煙突から得られる輻射熱により熱量(カロリー)の相乗効果が得られます。

まず、業務用格安シングル煙突メリットについて、

  1. 二重煙突に比べ単価が安い(およそ20分の1の価格設定を実現
  2. ビス付きで施工がやり易い(インパクトドライバー1つで施工可能)
  3. 煙突の軽量化により、大工、工務店様、お施主様自ら施工が可能です
  4. 二重煙突と組み合わせも自由(二重煙突と向き「内挿し式」で連結可能)
  5. 内挿し式のため、万が一の時もタールや木酢液が外に漏れ出ません

シングル煙突で大丈夫?

シングル煙突は、イギリスではデファクトスタンダード(業界の標準)です。

イギリスでは、家屋自体レンガ積みの家が多く、煙突は集合煙突です。

気温は寒く、薪ストーブにとにかく暖かさを求めます。

そのため、煙突の中でもより暖かいシングル煙突が好まれ、多く設置されており、安全性も確認されています。

軽井沢暖炉では、そのイギリス式を参考に、シングル煙突の設計を行っているため、安全性が担保されています。

煙突には高さが必要です。

上昇気流によって薪ストーブが燃えるため、平屋の場合など、外部の煙突を全て二重にする場合もあります。

そのような細かな提案ができるところは、軽井沢暖炉の長所であり特徴です。

そのため、見積りを依頼される場合には、外観部分の写真や、家の平面図(ストーブ位置記載)及び立面図を頂く必要があります。

シングル煙突のデメリットについて

軽井沢暖炉がおすすめするシングル煙突では、家と接する部分に二重煙突を利用した「シングルエース」。「オールシングル」についても外出しの際に、断熱効果のあるメガネ石を利用しているため、家と接する部分に熱が伝わらないため、火事の心配はございません。
※ 室内側をシングル煙突にするメリットとして、薪ストーブと煙突の輻射熱で2台分のカロリーが生まれることです。

続いて、業務用格安シングル煙突の1つだけあるデメリットについて、

  1. 壁出し式の施工においてのみ発生するデメリットですが、寒い日には屋外設置の煙突が二重煙突と比較して、外気によって冷やされやすく、煙突内で結露がおき、水分が煙突内にたまる場合があることです。
    軽井沢暖炉では、シングル煙突をお買いになったお客様に、ドレーン弁とホースを無料でお付けしております。ポリタンクはご自身でご用意ください。屋外設置の煙突の底部にドレーン弁を設置し、ポリタンクとホースを設置することで、シングル煙突のデメリットであるこの問題は解決しました。なお、ポリタンクにたまる水分の成分は主に木酢液で、木酢液は土壌消毒液や虫除けとして畑にまくことができます。植物の成長促進に役立ちます。

軽井沢暖炉をよろしくお願い致します。

ご注文は電話かこちらまで😀